動画3ページ目

リュシェンヌ・ドリールのルナ・ロッサ LUNA ROSSA(赤いお月様)、ジェルソミナ GELSOMINA(イタリア映画「道」の主題歌)

◆ルナ・ロッサ  日本語詞:ホセ・しばさき

1、高き空に燃ゆる月よ

ただ一人の変らぬ友よ

やさしかりし愛の光

いとしの人今は何処

おおルナ・ロッサ 今宵も

君を求めて一人

恋しき恋故に街をさまよう

おおルナ・ロッサ 愛の夢

楽しかりしあの日

やさしかりし君は今は何処に

ルナ・ロッサ 音信(おとずれ)もなし

ルナ・ロッサ

今一度この胸に君よ

楽しかりし夢を

おおルナ・ロッサ 、抱かせて

今一度だけ

2、おおルナ・ロッサ、わが胸

君を慕いて今日も

やるせない恋故街をさまよう

おおルナ・ロッサ、恋の夢

楽しかりしあの日

やさしかりし君よ

今は何処に

ルナ・ロッサ、知る由もなし

ルナ・ロッサ

今一度この胸に君を

やさしかりし君よ

楽しかりし夢を

おおルナ・ロッサ、抱かせて

今一度だけ

ルナ・ロッサ

ルナ・ロッサ

原歌はイタリ―のものですが、恋人に去られた孤独な心をうたっている。

 

◆ジェルソミナ  日本語詞:ホセ・しばさき

さすらい旅の夜悲し

よるべなき身に

おおジェルソミナ

ただ一人忍ぶ涙

木枯も泣いていた

淋しき道よ

暗き運命に疲れし心

廻り来る春はいつの日

おおジェルソミナ

ただ一人流す涙よ

両曲ともに名曲で、しかも彼女は日本語で親しく歌われるというのは我が国のシャンソンの歴史にとって画期的なことだったそうです。リュシェンヌ・ドリールは、渋い・低い、味のある声でこの上なく巧みに歌っている。